画像にテキストを表示する of カメラ・ビデオの基礎知識 写真・ビデオの編集方法

カメラ・ビデオの基礎知識

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

〜撮影・編集のノウハウなど、基本的なことを紹介していきます〜

HOME > イラストレーター > 画像にテキストを表示する


写真画像の編集方法(フォトショップ編)

画像の上に、縁取りしたテキストを表示する過程で、基本的な操作方法を学びます。

①サンプル画像をダウンロード

001-完成.png

サンプル画像を用意しました。ダウンロード後、Adobe イラストレーターで開いてください。

LinkIconダウンロードはこちらをクリック
(Adobe イラストレーターCS以降対応ファイル)

②ダウンロードしたファイルを Adobe イラストレーター(CS以降)で開いてください。

001-00.png

イラストレーターのバージョンによって、画面が異なりますが、操作パネルの位置、形状、場所などが異なるだけなので、基本操作は特に変わりありません。
(ここで紹介する画面はCS4のものです。)

③画像を固定するため、レイヤーにロックする。

001-01.png

レイヤーウィンドウの鍵のアイコンが表示されてると、そのレイヤーは誤操作防止のため加工ができなくなっています。鍵のアイコンが無い場合は、ロックされていませんので、その該当部分をクリックし鍵アイコンを表示させてください。

※イラストレーターでは、レイヤーという概念があり、複数のレイヤーに画像やテキストを整理して作業を進めることで、誤操作を防ぐ他、操作性を向上させることができます。

④新規レイヤーを作成する。

001-02.png

レイヤーウィンドウの①の箇所をクリックし、表示される②の新規レイヤーを選択

新しいレイヤーを作成するのは、前の操作で画像が入っているレイヤーをロックさせたので、テキストを書き込むための別レイヤーを作る必要があるからです。

⑤新規レイヤーの名称を決める。

001-03.png

デフォルトで表記された名称でも良いのですが、ここでは「テキスト」と変更し、OKをクリックします。

⑥長方形ツールを選択

001-04.png

テキストの背景となる透明の赤い四角形を描きます。(※完成画像を参照)

⑦長方形を描きます。

001-05.png

長方形を描きたい場所で、上の画像のようにドラッグをします。

※ここで描いた長方形は、黒い面で、白い線の長方形となりました。これは、カラーウィンドウにおいて、面が黒、線が白に設定されていたからです。つまり、ここの色を変更することで、図形の色合いを自由に変更することができます。

⑧四角形の面の色を黒から赤へ変更します。

001-06.png

カラーウィンドウの面の部分をクリックし、赤を選択します。

※カラーウィンドウが見当たらない場合は、画面上部のプルダウンメニューの「ウィンドウ」から探してみてください。

⑨四角形の線の色を白から透明へ変更します。

001-07.png

カラーウィンドウの線の部分をクリックし、透明を選択します。

※イラストレーターは、面と線という概念があり、それぞれ自由に色を変更することができます。また、透明とすることができるので、様々な図形、イラストを作ることができます。

⑩透明ウィンドウで、透明の割合を50%に設定

001-08.png

透明ウィンドウで、透明の割合を50%に設定します。

※透明ウィンドウが見当たらない場合は、画面上部のプルダウンメニューの「ウィンドウ」から探してみてください。

⑪新規レイヤーを作成します。

001-09.png

レイヤーウィンドウの右上から新規レイヤー作成を選択します。

※④の作業を参照してください。

⑫新規レイヤーを作成し、テキスト1のレイヤーはロックします。

001-09.png

レイヤーウィンドウの右上から新規レイヤー作成を選択します。名称は「テキスト2」とします。また、長方形を描いたテキスト1レイヤーはロックします。

※新規レイヤー作成は、④の作業を参照してください。
※ロックの方法は、③の作業を参照してください。

⑬文字ツールを選択し、テキストを入力します。

001-10.png

文字ツール(赤マルで囲ったアイコン)をクリックし、文字を入力します。
ここでは、「思い出アルバム - ALWAYS -」と、二行に分けて入力しました。

⑭テキストの大きさ、行間を整えます。

001-12.png

テキストすべてをドラッグし、テキストを反転させ、文字ウィンドウで行間、文字の大きさを変更します。ここでは、文字の大きさを36、行間36としました。

※テキストを反転させる操作は、文字ツールを選択するか、もしくは、選択ツールを選択してテキストをダブルクリックするとドラッグができます。
※文字ウィンドウが見当たらない場合は、画面上部のプルダウンメニューの「書式」もしくは「ウィンドウ」で見つかると思います。(バージョンにより異なります)

⑮二行目のテキストの大きさを変更します。

001-13.png

二行目のみを反転させ、文字ウィンドウでテキストの大きさを変更します。ここでは、24としました。

⑯テキストを中央揃えに

001-14.png

入力したテキストは左揃えでした。ここで中央揃えに変更するために、選択ツールを選択、テキストをクリック後、中央揃えのアイコンをクリックします。

⑰テキストを適切な位置へ移動する

001-15.png

選択ツールを選択し、テキストを移動します。

⑱テキストを複製します。(コピー、ペースト)

001-16.png

テキストを縁取る作業を行います。ここでは、テキストを重ねあわせて、白く縁取る方法を紹介します。
選択ツールを選択して、テキストを選択後、プルダウンメニューからコピーを選択、その後、ペーストを選択し複製します。

※コピー、及びペーストは、ショートカットで操作できます。コピーは、”コントロールボタン”を押しながら”C”をタイプします。ペーストは、”コントロールボタン”を押しながら”V”をタイプします。

⑲元々のテキストを選択します。

001-17.png

選択ツールを選択し、元々のテキストをクリックして選択します。

⑳文字を白く縁取ります。

001-18.png

選択ツールを選択し、元々のテキストをクリックし選択。カラーウィンドウで線を選択後、白を選択します。
その後、線幅を7に指定します。

※テキストも、面と線の概念があり、面と線をそれぞれ異なる色を選択することができます。

㉑2つのテキストを重ねあわせる。

001-19.png

2つのテキストを選択し、整列ウィンドウを開き、垂直方向上に整列、及び、水平方向右に整列のアイコンをクリックして、2つのテキストを重ねあわせます。。

※2つのテキストを選択する方法は、shiftキーを押しながら2つのテキストをクリックします。

㉒レイアウトを確認する

001-20.png

ココまでで、テキストを見やすく表示することが出来ました。
が、若干ですが行間が気になるので、行間を少し微調整してみます。

㉓行間を微調整します。

001-21.png

文字ウィンドウをから行間の数値を42に変更して完成です。

カメラ・ビデオの基礎知識 BASIC
カメラ購入前に役立つ知識カメラ購入前に役立つ知識
写真の編集方法(Photoshop編)写真の編集方法(Photoshop編)
写真の編集方法(Illustrator編)写真の編集方法(Illustrator編)
主なカメラ用語・撮影用語主なカメラ用語・撮影用語
動画制作作品集動画制作作品集
写真作品集写真作品集
写真・動画編集アプリ紹介写真・動画編集アプリ紹介
サイト運営協力者募集中サイト運営協力者募集中
プレスリリースプレスリリース
お問い合わせお問い合わせ
相互リンク受付中相互リンク受付中
サイトマップサイトマップ
思い出アルバム - ALWAYS -
思い出アルバム -ALWAYS-思い出アルバム -ALWAYS-
自分史ムービー制作承り中自分史ムービー制作承り中
家族史ムービー承り中家族史ムービー承り中
WEB空室対策
WEB空室対策WEB空室対策
WEB空室対策 PLANWEB空室対策 PLAN
WEB空室対策 PLANWEB空室対策 PLAN


アルバムが、自分史になる。思い出アルバム -ALWAYS-アルバムが、自分史になる。思い出アルバム -ALWAYS-
WEBで空室対策。競合物件に勝つ! WEB空室対策WEBで空室対策。競合物件に勝つ! WEB空室対策

Staff blog カメラ・ビデオでさいちゃんファイト!Staff blog カメラ・ビデオでさいちゃんファイト!
Staff blog 犀川博正のカメラ修行Staff blog 犀川博正のカメラ修行

防犯対策ページヘ防犯対策ページヘ

日本製品専門 コスメ・化粧品ページヘ日本製品専門 コスメ・化粧品ページヘ

パーティーグッズ専門店ページヘパーティーグッズ専門店ページヘ

お正月の食材ページヘお正月の食材ページヘ

美容・ダイエット サプリメントページヘ美容・ダイエット サプリメントページヘ

logo01.psd